データサイエンス・スタディセッション(DSSS)

データサイエンス教育研究推進センターでは、地域企業・自治体と連携した実学志向のデータサイエンス教育の一環として、社会人と学生が協働して行う勉強会「データサイエンス・スタディセッション(Data Science Study Session:DSSS)」を試行します。
ビッグデータ・AI(人工知能)技術の発展により、大学・企業においてもデータ活用の知識や技能を要求される場面が多くなっています。
本企画では、地元企業の社会人と連携して実学的なデータサイエンスを学びます。参加学生はチームになって企業が設定した課題を解決するために必要なデータ分析・解析の技能や手法を学習手順に沿って修得します。
3回のステップ毎に学習したことを参加企業の社会人に向けて発表し、さらにディスカッションしながら課題解決に向けて学びを深めていきます。

【第3期DSSS】学生の参加者募集>>>2020年4月スタート!>

第3期のテーマは「データサイエンスで未来を予想しよう」

今回はシヤチハタエンジニアリング株式会社の社員様にご協力いただきます。

課題目標:
文具利用者数の変遷予測レポート作成

(年代・性別・地域別の人口変異予測を基に、今後の文具利用像を外部データなどとリンクさせて予測レポートを作成する)

学習の取組例:
文房具に関するアンケート調査

詳しくはチラシをクリック≫≫≫

学習内容の紹介

各ステップ毎に3回の勉強会(学生のみ)と1回の発表会(学生から企業へ)合計13回(ガイダンス1回含む)のプログラムにご参加いただきます。
※新型コロナウィルスの影響で、全体の日程変更・延期や、Web会議での開催となる可能性があります。申込み頂いた方にはメールにて直接ご連絡します。

お申し込み方法

参加ご希望の方は、お申し込みフォームからお申し込みください。

データサイエンス・スタディセッション(DSSS)とは

データサイエンス教育研究推進センターでは、地域企業・自治体と連携した実学志向のデータサイエンス教育の一環として、社会人と学生が協働して行う勉強会「データサイエンス・スタディセッション(Data Science Study Session:DSSS)」を試行します。
この勉強会では、参加される社会人の学びたいスキルや課題をもとに学習プランを構築し、その学習プランを社会人と学生が合同で学び、プレゼンや議論を通して理解を深めていきます。

こんな社会人と学生に、スキルに必要な基礎知識を得る環境を提供します。

タイトルとURLをコピーしました