センターについて

センター長挨拶

山形大学では平成29(2017)年度から理学部にデータサイエンスコースカリキュラムを新たに設けて、低年次からのデータサイエンス教育を開始しています。さらに平成30(2018)年にデータサイエンス推進室を立ち上げるとともに、「データサイエンスCafé」を始めとする様々なデータサイエンス教育に取り組んでいます。中でも特徴的なものとして、産学官との連携によるデータサイエンス教育が挙げられ、企業や自治体からデータの提供を受け、実データを用いた分析を行ってまいりました。

平成31(2019)年度、文部科学省共通政策課題「数理・データサイエンス教育強化経費」に本学のプロジェクトが採択されたことを機に、2019年4月にデータサイエンス教育研究推進センター(以下、DSセンター)を新設しました。さらに翌年度にデータサイエンス教育研究推進本部を立ち上げ、DSセンターがその傘下に入る形で全学的な数理・データサイエンス教育の普及と、産学官連携による実社会のデータを用いたデータサイエンス教育の推進に取り組んでおります。

当センターは、2022年度より組織体制を再編し、8つの部門(アライアンス部門、国際・学術部門、教材開発部門、データサイエンスCafé部門、DS学術相談部門、DSマイスター部門、AI部・DSSS部門、小白川連絡窓口部門)による、学部の枠を超えた教員配置により分野横断的な実施支援体制を整備しています。DSセンターが中心となり、理学を中心とした学術的なデータサイエンス教育に、産学官の連携等により収集する実社会データを活用したPBL型教育コンテンツを加え、分野横断・融合的な視点で科学的データに新たな価値を付加できる、地域課題の解決に貢献する人材の育成を目指してまいります。

令和4年4月
山形大学データサイエンス教育研究推進センター長 鈴木 千賀

組織図

2022年度より組織体制を再編し、8つの部門(アライアンス部門、国際・学術部門、教材開発部門、データサイエンスCafé部門、DS学術相談部門、DSマイスター部門、AI部・DSSS部門、小白川連絡窓口部門)による、学部の枠を超えた教員配置により分野横断的な実施支援体制を整備しています。

教職員一覧

所属・役職 氏名・データベース
執行部 センター長 鈴木 千賀
副センター長 佐久間 雅
     
部門 アライアンス部門 鈴木 千賀
国際・学術部門 佐久間 雅
教材開発部門 中山 祐貴
安田 宗樹
データサイエンスCafé部門 具志堅 裕介
DSマイスター部門 ロペス ラリー
DS学術相談部門 鹿戸 将史
AI部・DSSS部門 出産育休介護等教員(休止中)
小白川連絡窓口部門 中西 正樹
     
DERP事務部 横山 亜紀子
安孫子 真依
タイトルとURLをコピーしました