お知らせ

お知らせ

【DSCafé】人類は蛋白質の形を知りたい 〜AI構造予測があれば実験的な構造解析は不必要なのか?〜

1958年にミオグロビンのX線結晶構造が報告されて以来、人類は、様々な手法を駆使して蛋白質の形を知ろうとしてきました。立体構造情報をもとに創薬などの研究が進められてきましたが、実験的な手法での構造決定は時間も費用もかかるため、立体構造予測...
お知らせ

【DSCafé】深層学習によるAI画像解析の手法とバイアス回避

画像解析AIモデルの作製は常にバイアスとの戦いであり、データの偏りをなくすことがテーマです。またAIモデル作製のための計算は非常に複雑で膨大なため、ブラックボックスに見えてしまう傾向があります。 本講演では「挿管困難を判別するAIモ...
お知らせ

展示会CEATECを通じた、学びの機会についてのご案内

数理・データサイエンス・AI教育強化拠点コンソーシアム事務局より、以下の展示会のご案内がありましたので、お知らせいたします。 電子情報技術産業協会が主催する展示会 CEATEC(シーテック)において、今年度から「学生向けオンラインジャーニ...
お知らせ

D-DRIVE データサイエンスセミナー開催のお知らせ

大阪大学 数理・データ科学教育研究センターより、以下のセミナー開催案内がありましたので、ご興味のある学生さんは是非ご参加ください。 文部科学省「データ関連人材育成プログラム(D-DRIVE)全国ネットワーク」は、一般社団法人データサイ...
お知らせ

後期オリエンテーション

9月30日(金)、令和4年度入学者の後期オリエンテーションにて、データサイエンスマイスター制度について紹介させていただきました。 データサイエンスマイスター制度の教育プログラムは全学部生が履修することができ、共通科目「情報処理」(理学...
お知らせ

新規開講科目「地域デジタルデザイン思考演習~地域社会の協力を基にした課題解決型演習科目の開講~」

9月8日の学長定例記者会見において、後期の新規開講科目「地域デジタルデザイン思考演習~地域社会の協力を基にした課題解決型演習科目の開講~」について発表されました。 本講義は、地域社会・環境に関するデータを収集し、情報に変換し、地域社会...
お知らせ

「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)」に認定

本学の「データサイエンスマイスター制度(ベーシック)」が、文部科学省の「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)」の認定を受けました。(認定の有効期限: 令和9年3月31日まで) 文部科学省の同制度は、学...
お知らせ

【お知らせ】山形大学公開講座「3D計測入門」~3D計測技術の習得を目指して

近年、三次元計測技術の進展は目覚ましく、高価な機器を使わなくても、比較的簡易に三次元計測が可能になりました。しかし「そうは言ってもどうすればできるの?」「どう活用すればいいの?」といった疑問も多いと思います。そこで、本講座ではiPad/iP...
お知らせ

「数理・データサイエンス・AI教育の全国展開の推進」特定分野校に選定されました

令和4年度 文部科学省「数理・データサイエンス・AI教育の全国展開の推進」に本学が申請した「産学官連携による実社会のデータを用いたデータサイエンス教育」が採択され、特定分野校(理工農)に選定されました。 詳細については以下のページをご...
お知らせ

【お知らせ】MATLABディープラーニング講習会(工学部)

MATLABを用いたディープラーニングの実践についての二日間のトレーニング「MATLABによるディープラーニング講習会」の開催のご案内です。2月22日のオンラインセミナーに比べ、ディープラーニングについてより詳しい実践を行っていただくこ...
タイトルとURLをコピーしました