山形県におけるデータ活用人材の育成

12月19日(木)のデータサイエンスカフェは永井 彰氏(山形県企画振興部情報政策課 課長補佐)、大谷 竣亮氏(山形県工業戦略技術振興課)のお2人をお招きし「山形県におけるデータ活用人材の育成」についてご講演いただきました。

IoT、ビッグデータ活用、AI人工知能の普及・浸透は、産業や社会のあり方を大きく変えつつあります。山形県内でも新たな需要開拓、人手不足解消に向けた、データ活用できる人材育成を目的としたワークショップや講座の開催など実践的な取組が進められていることをお聞きしました。

 

タイトルとURLをコピーしました