アイスコアサイエンスにおけるデータ解析

11月21日(木)のデータサイエンスCaféは、鈴木利孝先生(山形大学理学部) にアイスコアサイエンスにおけるデータ解析に関して発表していただきました。

南極で掘削して得た氷の柱状試料(アイスコア)の成分を調べることで、太古の昔の気温や砂埃の情報が得られることを知りました。

観測データの中に潜む太古の情報を見つけ出すには、まだまだ沢山の技術的な課題があることが分かりました。

タイトルとURLをコピーしました