火山学におけるデータサイエンスの応用可能性

11月7日(木)のデータサイエンスcaféは、 常松佳恵先生(山形大学理学部) に火山学におけるデータサイエンスの応用可能性に関して発表していただきました。

火山噴火において、噴火後の噴石の落下状態を調べることで、火山噴火のメカニズムを調べ、火山噴火災害の予測をする手がかりを探るため、地道な調査が必要となります。

噴火の噴出速度を堆積物の分布から求めるため、上空からの写真から堆積物の位置を求める作業などで、データサイエンスの技術が活用できることが分かりました。

タイトルとURLをコピーしました