生物進化の個体ベースモデルと、社会行動のネットワーク解析

7月18日(木)のデータサイエンスcaféは、 廣田忠雄先生(山形大学理学部) に発表していただきます。

タイトル:生物進化の個体ベースモデルと、社会行動のネットワーク解析

概要:世代時間が長い生物の進化は、実験的に再現することが困難です。そこで、生活史を模したモデルを構築し、進化過程をシミュレーションすることで、どの要因が重要なのか推定する方法があります。前半は、モンシロチョウの性特異的分散を事例に、個体ベースモデルについて概説します。また近年、多数の個体が群れをなして生活する社会性昆虫では、個体ごとに異なるバーコードを貼り付け撮影し、動画から各個体の位置や、個体間の相互作用を割り出す調査が盛んに行われています。この手法により、古典的な観察手法以上の多量のデータが得られ、新たな観点で行動を定量できるようになりました。後半は、アリ類で注目された研究例を紹介します。

Google Meet でのご参加は、こちらからお入りください。

タイトルとURLをコピーしました